LTEフラット 解約

au iPhoneforのLTEフラット解約

2年縛り(契約して2年以内に解約すると、けっこうな解約金を取られる仕組み)が
終わったので、iPhoneのLTEフラットを解約しました。

 

解約直前(2015年4月)と解約後(2015年5月)の料金の比較。

 

auのLTEのフラットを解約した!

 

オプション使用料の「LTEフラット」がごっそりなくなるイメージ。

 

それと同時に

  • 毎月割(LTEフラット加入で発生する割引)→0
  • 支払い終わった購入機器代金→0

 

で、2015年5月は…
1,988円

 

残したオプションは…

 

電話きほんパック 300円。留守電を使うには必須。
LTE NET 300円。ネットに繋ぐためのサービス。ネットに繋ぐ&ezwebメール使うなら必須&らしい
三者通話 電話きほんパックに含まれてる。使ったことはナシ
待ちうた 電話きほんパックに含まれてる。使ってない。
お留守番サービスEX 電話きほんパックに含まれてる。個人的に、留守電が必須だったので。
テザリングオプション ? LTEフラット解約後は有料になるはずだけど、なぜか課金されてない。
安心アクセスサービス 無料。危険なウェブなどへの接続制限するサービス。使ってないけど。

 

オプションの組み合わせがもう、気が遠くなるほどややこしいです。

 

絶対に間違うわ、こんなもん…という自信があった私は、
絶対に間違えない方法を実行しました。

LTEフラットを間違えずに解約する方法

  • LTEフラットをやめたい
  • ネットはwifi経由で使いたい
  • 電話機能は残したい(&留守番電話も)
  • SMS(メッセージ)は使いたいし、ezwebメールも使いたい

 

ここまで決めて、電話しました。

 

すっごい待たされたあと、オペレーターに、
「LTEフラットをやめて、オプションを見直したいんです」
「具体的にこうしたい、っていうのがありまして…」(上の箇条書き部分を伝える)

 

このあたり、相当ややこしいらしく、オペレーターの方さえも何度か間違えていました。

 

で、重要なのは、解約後の月々の支払はいくらになりますか?
って確認することです。

 

そしたら、絶対間違いないですからね。
私は、月々の支払がほぼ2,000円(通話料などは除く)になることを確認して、
その場で契約内容を変えてもらいました。

 

結果、2年シバリが終わった私のiPhoneは…

 

  • 電話&留守番電話
  • ezwebメール可能(従量制)
  • メッセージ(SMS)可能。
  • ネットはwifiで無限に可能。
  • 3G回線でネット可能(重量制)

 

となりました。

 

一番コワイのは、LTEフラット解約した状態でネットに繋がってしまって、
従量制(使った分だけ支払い)で、高額請求がきてしまうかも?ってことです。

 

ネットはwifiのみ、ケータイの回線でネットしない…っていう状態にするために、
iPhoneでこーゆー設定をしました。

 

iPhoneのパケット通信を止める方法