ワイモバイルのガラケー、おすすめ機種は?

ワイモバイルのガラケーおすすめ機種は?

スマホを持つと、家族割で基本料金がタダになるワイモバイルのガラケー。

 

ワイモバイルガラケー おすすめ機種

 

おすすめ機種と、各機種の特徴などをまとめました。

 

ワイモバイルで選べる端末は?

2019年現在、ワイモバのケータイは以下の3機種が選べます。

 

ワイモバイルガラケー

 

  • AQQUOSケータイ2(シャープ)
  • DIGNOケータイ2(京セラ)
  • Simply(セイコー)

 

これら3機種は、スマホ用のAndroid OSがベースになっている、ガラホと呼ばれる端末です。

 

見た目はガラケー、中身はスマホがベースになっています。

 

LINEなど一部のアプリが使えますが、携帯アプリ、スマホアプリともインストールできないという弱点があります。

 

口コミを見ると、通話とメールに特化した使い方が多いようです。

ワイモバイルのガラケーおすすめ機種は?

3機種どれも一長一短あり、使い方によって機種を決めるのが良さそう。

 

AQUOSケータイ2
AQUOS2ケータイ

 

  • 口コミ数が一番多く、利用者が一番多いと思われる。(デザインが人気?)
  • ワンタッチ開閉のヒンジ(蝶番部分)が壊れやすいため、保証オプション加入が必須
  • なんやかんやで、一番のおすすめ。

 

DIGNOケータイ2
DIGNO2ケータイ

  • スペックは良いのに、口コミ数は最も少なかったです。(デザインが不人気?)
  • イヤホンつけられる、無線LAN接続できる、テレビ・ラジオ見られる
  • 機能面では、AQUOS+α。

 

Simply
Simply(シンプリー)

  • ストレート型(バータイプ)のケータイ。通話特化。
  • カメラ機能、ウェブ機能とも中途半端なものがついている。自宅での受け用に使うのが最適?
  • 3機種の中では最軽量(115g)

 

ワンセグでテレビが見られる機種は?

ワンセグでテレビが見られるのは、以下の2機種。

 

  • AQUOSケータイ2
  • DIGNOケータイ2

 

2機種ともイヤホン穴がないので、電車内で使いたい場合は、micro USB変換アダプタが必要。

 

SoftBank 【ソフトバンク純正】 microUSB-φ3.5変換アダプタ SHDDU1

 

アダプタの先にイヤホンを挿せば、使えます。

 

また、AQUOSケータイはBluetooth aptXに対応しているので、Bluetoothイヤホンも使えます。

 

DIGNOケータイ2は、テレビ以外に、AM、FMラジオも聞けます。

 

おサイフケータイ対応機種は?

おサイフケータイ機能に対応しているガラケーは、ありません。

 

ワイモバイルのスマホの一部が、おサイフケータイ機能に対応しています。

 

なお、PHS向けに提供されていたおサイフケータイ機能は、2016年に提供終了しています。

 

音楽を聞くのに向いている機種は?

音楽を聞くのに良さそうなのは、以下の2機種。

  • AQUOSケータイ2
  • DIGNOケータイ2

 

良い音で楽しめるのは、Bluetooth aptXに対応しているAQUOSケータイ2です。良い音質で聞けます。

 

2機種とも、SDカードを内部に刺す方式なので、いったん電源を切らないとSDカードを抜き差しできません。

 

一番効率が良いのは、microUSBケーブルでパソコンと繋いで、mp3ファイルをコピーする方法。

 

※ケーブルには「充電専用」と、「充電・転送用」があるので、「充電・転送用」と書いてあるものを選びましょう。

 

エレコム [micro USB]USBケーブル 充電・転送 2A (0.2m・ブルー)MPA-AMBS2U02BU [0.2m][MPAAMBS2U02BU]

 

維持費が一番安い機種は?

3機種の中で最安は、こちら。

  • Simply(シンプリー)

 

他2機種と比較すると、スペック面で劣る(というより、あえて限定されている)ため、本体費用が安いです。
そのため、分割購入すると、月々の支払が他の2機種より安くなります。

 

Simply 月934円〜
他の2機種 月1,434円〜

 

ストレート型の機種は?

ストレート型(二つ折りしないバータイプ)は、Simplyのみとなります。

 

液晶面が露出しているので、落とした時などに液晶割れのリスクは高くなります。

 

しかし、折りたたみ機構(ヒンジ)部分の劣化がないため、故障しにくいと言えるでしょう。

 

かばんに入れておくと、荷物などがボタンを押してしまって、勝手にどこかに電話発信してしまいそう…という場合は、画面ロックで対応できます。

 

二つ折り型機種は?

以下の2機種になります。

  • AQUOSケータイ2
  • DIGNOケータイ2

 

ガラケーといえば二つ折り。
AQUIOSはワンプッシュでガラケーが開く仕組みがついています。

 

落とした時に液晶部分割れのリスクが低いのですが、特にAQUOSは開閉部分(ヒンジ)が壊れるリスクあり。

 

AQUOSケータイ2は、2年以内にヒンジが壊れたという口コミが多数で、故障安心パック-S加入が必須と言えるでしょう。

 

DIGNOケータイ2は、ヒンジ壊れの口コミは見当たりませんでしたが、口コミ数自体が少ないのでなんとも言えないところ。

 

ヒンジ壊れ時の修理費用は1万6千円とのことなので、故障安心パックS(324円x24ヶ月=7,776円)加入したほうが無難です。

 

故障安心パックS

ケータイ故障時に、修理費を0円〜5,000円に抑えられる保証です。
購入時のみ加入できます。

 

不注意による水没でも5,000円の出費で済みます。
Aquosケータイ2のヒンジ壊れは、外装の破損にあたるので、1,500円で修理になります。

 

 

AQUOSケータイ2の口コミ

ワイモバイルのガラケーで一番人気の機種です。

 

二つ折りで画面の液晶割れの可能性は低く、電池持ちは優秀。待受だけなら1週間は余裕です。

 

通話はノイズ除去性能が高いため音声品質がよく、3G携帯やスマホのIP電話よりも上。

 

また、Bluetooth aptX対応のため、対応イヤホンを使って高音質で音楽が聞けます。

 

見た目、触り心地共に良いデザインで、見た目の良さでAQUOSケータイ2を選ぶ人も居るほど。

 

30分水中に放置しても浸水がない防水規格IPX7に合格しているのもポイント。

 

800万画素のカメラ、ワンセグテレビ、GPS機能も付属しています。

 

ただし、筐体の作りは弱い印象があり、便利なワンタッチオープンの機構が仇となって、ヒンジ(蝶番部分)が壊れやすいという欠点があります。

 

会社でAQUOSケータイ2を導入した人によると、50台導入して3台のヒンジが2年以内に壊れたのだそう。

 

この機種を選ぶときは、故障安心パックSに必ず入りましょう。

 

wifiテザリング機能があって、AQUOSケータイ2のネット機能をパソコンなどで利用することができます。

 

ただし、Wifi環境にAQUOSケータイ2をつなげてネットをすることができません。

DIGNO(ディグノ)ケータイ2の口コミ

京セラ製のケータイです。

 

口コミ数は少ないのですが、スペック的にはAQUOSより上を行く面もあるガラホ。

 

その一つがカメラ機能。

 

画素数は800万と、AQUOSと同等ですが、ライト機能、手ブレ防止機能がついています。

 

もうひとつが無線LAN機能。

 

WiFiスポットを利用して、高速なネット環境につなげます。

 

ワンセグテレビに加えて、AMラジと、FMラジオが聞ける点も特徴。

 

ヒンジが壊れやすいというAQUOSと比べると、Gignoケータイ2のヒンジ関連の口コミは見当たりませんでした。
だけど、それは使っている人自体が少ないからでは?とも考えられます。

 

この機種を選ぶ場合でも、故障安心パックSに加入しておいたほうが無難。

Simply(シンプリー)の口コミ

セイコー製のストレート型ケータイです。

 

3機種の中では最安、最軽量の115g(DIGNO 137g、AQUOS 132g)。

 

構造上、ヒンジ部分の故障はありえませんが、落とした時に液晶壊れのリスクが高まります。

 

音声通話に限定して、機能を絞りこまれています。
Wi-Fiも、テレビも、GPSも、防水もない。液晶表示も粗い。

 

デザインはY!mobileのロゴや型番さえもなく、シンプル。

 

しかし、200万画素のカメラ機能(他2機種は800万画素)がついているなど、シンプルを極めきっていないと思われる面も。

 

バッテリーの保ちも、他の2機種と比べるとやや劣ります。

 

自宅の受け専用端末として使うと、非常に使い勝手が良いという口コミがありました。