格安sim ランキング 速度

通信の実効速度速いランキング

最大速度225Mbpsとか、あちこちに当たり前に書いてあるけど、実際には10Mbpsも出ない格安SIMがほとんど。
もー、そんなSIMにはバシッと行政指導でもしちゃって欲しいですよね。

 

当ページでは、安定して速度が出るSIMのランキングを作ってみました。

 

なお、データは雑誌「家電批評」のデータを参考にしています。午前10時〜午後10時の速度を、平日、休日に分けて計測。

 

楽天モバイル

最高速度 休日20時台31.99Mbps。最低速度 平日12時台13.26Mbps。意外にも一番速くて安定しているのは楽天モバイル!2015年10月から変更された新APNアドレスで、とっても快適な通信が可能に。

 

>>>楽天モバイル 特集ページヘ

 

FREETEL

詳細は非公開ながら、全時間帯で10Mbps以上は出ている…らしいです。宣伝でうたっているニクキュー(299円)は、100MBなので、実際にはかなり使い方が制限されます。それなりのプランで利用すれば、けっこう快適?

 

>>>FREETEL SIM

 

イオンスマホ

最高速度 平日15時台14.99Mbps。最低速度 平日20時台5.02Mbps。速度のみならず、解約の簡単さ、繰越、チャージ料の安さなどトータルでも優秀なのがイオンスマホ。

 

>>>イオンのスマホ 特集ページヘ

 

まとめ

YouTubeなどの動画をストレスなく見られるのが、4Mbpsと言われています。だけど、まともに4MbpsでないSIMもあるっていうのは、やはり、スピードは出て当たり前って感じにして欲しいですね。

 

速度にこだわるなら、上記3つから選べば間違いなし。

 

 

総務省のガイドラインにしたがって3キャリアが発表した実効速度は、
ドコモ…43〜103Mbps
KDDI(au)…50〜103Mbps
ソフトバンク…42.5〜76.6Mbps
と、ソフトバンクの最高速度が少し低い以外は、ほぼ互角。格安SIMは基本、ドコモかauの回線に乗っかってるはずなのですが、まー、遅いものですね。