通信速度速いSIMランキング

通信の実効速度速いランキング

最大速度225Mbpsとか、あちこちに当たり前に書いてあるけど、実際には10Mbpsも出ない格安SIMがほとんど。
もー、そんなSIMにはバシッと行政指導でもしちゃって欲しいですよね。

 

最新の信用できるデータを探したところ、雑誌MONOQLOの2018年11月号(テスト時期は2018年10月頃?)が一番新しいようです。

 

まず基準として、ドコモのスピードから。
時間帯ごとに計測しています。

 

時間帯 速度
8時〜9時(通勤ラッシュ) 47.67Mbps
12時〜13時(ランチタイム) 17.18Mbps
19時〜20時(帰宅ラッシュ) 28.53Mbps
1日の平均速度 31.13Mbps

 

 

やっぱりドコモ、値段が高いだけのことはある。

 

UQモバイル
時間帯 速度
8時〜9時(通勤ラッシュ) 28.25Mbps (59%)
12時〜13時(ランチタイム) 14.19Mbps (82%)
19時〜20時(帰宅ラッシュ) 21.43Mbps (75%)
1日の平均速度 21.29Mbps (68%)

※カッコ内は、ドコモ比で何%のスピードかを表しています。

 

au 4G LTEなので速いです。
体感的には、ドコモとのスピード差がほとんどわからないレベル。
スピードだけなら、格安SIMの中ではダントツ一位。WiMAXよりも速いです。

 

料金安くなって、それほど不便を感じない、格安SIMのお手本のよう。

 

ただし、データ無制限プランは500kbpsの低速なので、動画を見まくったりはできません。
価格は、他の格安SIMと比べると月額約1,000円くらい高いです。

 

それでも、3大キャリアの料金に比べると大幅に安い。

 

動画はあまり見ない、普通にウェブ使いまくる…という人には良いと思います。

 

>>>UQ mobile 空いてるauのLTE回線が利用できる

 

LINEモバイル(SB回線)
時間帯 速度
8時〜9時(通勤ラッシュ) 20.78Mbps (43%)
12時〜13時(ランチタイム) 11.01Mbps (64%)
19時〜20時(帰宅ラッシュ) 14.09Mbps (49%)
1日の平均速度 15.30Mbps (49%)

※カッコ内は、ドコモ比で何%のスピードかを表しています。

 

LINEモバイルは、SBプランに限定すれば、特に不満を感じないレベル。

 

LINE音声通話含めたLINEフリーのメリットを考えると、有力候補ナンバーワンかも。

 

>>>LINEモバイル LINEなどのカウントフリーが魅力

 

BIGLOBEモバイル(Aプラン)
時間帯 速度
8時〜9時(通勤ラッシュ) 15.72Mbps (32%)
12時〜13時(ランチタイム) 2.16Mbps (12%)
19時〜20時(帰宅ラッシュ) 3.25Mbps (11%)
1日の平均速度 7.04Mbps (22%)

※カッコ内は、ドコモ比で何%のスピードかを表しています。

 

3位と言えど、昼と帰宅時に5Mbpsを切るので、動画再生が厳しい。
いちおう、Youtubeなら、1.5Mbps程度あれば動画再生は可能。

 

動画放題プランが魅力なので、ギリギリ動画見られる速度ならまあいいよ、という人なら。

 

>>>BIGLOBE SIM+スマホが安い

 

IIJmio(Dプラン)
時間帯 速度
8時〜9時(通勤ラッシュ) 8.71Mbps (18%)
12時〜13時(ランチタイム) 0.34Mbps (2%)
19時〜20時(帰宅ラッシュ) 3.07Mbps (10%)
1日の平均速度 4.04Mbps (13%)

※カッコ内は、ドコモ比で何%のスピードかを表しています。

 

大手だから安心だと思ったのに!
昼はほぼ、死んでる状態というのがひどすぎる。
平均速度も5Mbpsを下回っているのが悲しい。

 

新しいiPhoneへの対応が早いというメリットはありますが、この速度じゃ選べないですね。

 

>>>IIJmio 大手通信会社IIJ運営の格安SIM

 

イオンモバイル(タイプ2)
時間帯 速度
8時〜9時(通勤ラッシュ) 8.39Mbps (17%)
12時〜13時(ランチタイム) 0.28Mbps (1%)
19時〜20時(帰宅ラッシュ) 1.18Mbps (4%)
1日の平均速度 3.28Mbps (10%)

※カッコ内は、ドコモ比で何%のスピードかを表しています。

 

昼と帰宅ラッシュ時は、ほぼ死んでる状態。
平均速度も、5Mbps(最低限動画が見られるスピード)を大きく下回り。
サポートが良いイオンモバイルだけど、サラリーマンには選べないSIM。

 

>>>イオンモバイル

 

ワイモバイル

なぜかMONOQLOの評価対象には入っていませんが、ワイモバイルがUQ-mobileに次いで通信速度が早いです。
旧イーモバイル、ウィルソン回線を使った独自回線を利用しているため、ランチタイム時のスピードダウンが無いのも嬉しい点。

 

その半面、複雑な料金体系で「総額いくらかかんの?」がわかりにくくなっています。

 

1年目はワンキュッパ割が効いて月々1,480円で3GBと、そこそこ値ごろなのですが、2年目は2,560円/月になります。
データ通信量2GB→3GBが25ヶ月無料なので、2年+1か月後には容量が2GBになります。
2年縛りの上、解約タイミングを逃すと解除料9,500円がかかります。

 

長く使うほど、料金が高くなっていきます…。

 

>>>ワイモバイル かけ放題音声+爆速データ

 

まとめ

MONOQLO掲載の5つ、比較のために遅いSIMを選んだわけじゃなくて、MONOQLOおすすめの上位5SIMだそう。

 

えっ、ということはコレ以外のSIMって…。

 

昼にも帰宅時にもちゃんと動くSIMを選ぶなら、UQモバイルか、LINEモバイル(SBプラン)の2択になりそうです。

 

 

格安SIMで一番早い。
ただし、データ無制限プランは別物(500kbps)

>>>UQ mobile 空いてるauのLTE回線が利用できる

 

そこそこ速くて、LINE音声通話がタダ(LINEフリー)
ただし、速いのはSBプランのみ。

>>>LINEモバイル LINEなどのカウントフリーが魅力